ブログ

  1. 梅干し 教室

    最高級の梅干し作ります~.。゚+.(・∀・)゚+.゚『手作り梅干し教室』

    梅の中でも最高級品の紀州南高梅果肉たっぷりで香りも良く梅干しにするととろける食感がたまりません紀州南高梅とお塩にもこだわり無添加で最高級な梅干しが手づくりできちゃう講座ですしかもララカフェのヘルシーで美味しいランチ付き講座で...

    • 最高級の梅干し作ります~.。゚+.(・∀・)゚+.゚『手作り梅干し教室』 はコメントを受け付けていません。
    • 新着情報
  2. サクッとジューシ~♪( ´▽`)『大豆ミートの一口カツプレート』

    サクッとジューシ~♪( ´▽`)『大豆ミートの一口カツプレート』

    今週のランチメニューは『大豆ミートの一口カツプレート』¥700サクサク衣の中は大豆ミートまるでお肉のようで柔らかい食感そしてバージョンupしたのはなんと豆乳で作った美味しいタルタルソースサクサクの大豆ミートに二種類のソースをかけ...

    • サクッとジューシ~♪( ´▽`)『大豆ミートの一口カツプレート』 はコメントを受け付けていません。
    • 新着情報
  3. ララカフェ料理教室『車麩カツ』開催します☆

    ララカフェ料理教室『車麩カツ』開催します☆

    ララカフェのランチをお召し上がり頂くと『美味しいからレシピを知りたい』そんな嬉しいお声をいただきますと、いうわけで。。

    • ララカフェ料理教室『車麩カツ』開催します☆ はコメントを受け付けていません。
    • 新着情報
  4. パスタも新緑の春がきた~♪( ´▽`)『春野菜のパスタ』

    今週の週替りランチは音譜『春野菜のパスタ』¥700季節のお野菜をたっぷり使いヘルシーな嬉しいパスタですご飯コンソメ不使用でも深みのある美味しさの㊙はぺこマルシェでも販売中の野菜だしおんぷ白ワインとガーリックが香る塩ベースのさっぱ...

    • パスタも新緑の春がきた~♪( ´▽`)『春野菜のパスタ』 はコメントを受け付けていません。
    • 新着情報
  5. 福田先生、大門先生

    福田先生、大門先生ありがとうございました。

  6. ララカフェ料理教室『車麩カツ』開催します☆

    『味噌玉作り』ご参加ありがとうございました☆

    昨日開催されたヘルスフードマイスター福田先生のお料理教室大人も子供も楽しめる『味噌玉作り』大門先生の『食育のお話』春休み沢山の親子でのご参加ありがとうございました今回の味噌玉教室は子供達が泥団子を作るように綺麗に味噌玉を作り...

    • 『味噌玉作り』ご参加ありがとうございました☆ はコメントを受け付けていません。
    • 新着情報
  7. みんなで楽しく

    みんなで楽しく味噌玉と焼きおにぎりを作りました〜😆Facebook...

  8. 春休みに親子でチャレンジ~(*´∀`)『味噌玉作り』教室

    春休みに親子でチャレンジ~(*´∀`)『味噌玉作り』教室Facebook...

  9. 新年度はステーキでスタート~☆o(^u^)o☆『ベジバーグのステーキプレート』

    新年度はステーキでスタート~☆o(^u^)o☆『ベジバーグのステーキプレート』

    今週のランチメニューは音譜『ベジバーグのステーキ丼』¥700人気のべジバーグシリーズキラキラ玉ねぎのすりおろしをお醤油と酢とお出汁で煮込んだ美味しいステーキだれがべジバーグの美味しさを更に引き立ててくれますラブ玄米ごはんでビタミン&繊維...

    • 新年度はステーキでスタート~☆o(^u^)o☆『ベジバーグのステーキプレート』 はコメントを受け付けていません。
    • 新着情報
  10. お豆腐マヨとのハーモニ~♪( ´▽`)『テンペの照り焼きプレート』

    お豆腐マヨとのハーモニ~♪( ´▽`)『テンペの照り焼きプレート』

    今週の週替りランチは音譜『テンペのテリヤキプレート』¥700インドネシアの大豆発酵食品テンペ音譜下味をつけてからっと揚げてラブラブ特製テリヤキソースを絡めた人気のメニューにさらに!!ポッテリトッピングされた特製豆腐マヨネーズが最高にマッ...

    • お豆腐マヨとのハーモニ~♪( ´▽`)『テンペの照り焼きプレート』 はコメントを受け付けていません。
    • 新着情報

カレンダー

最近の記事

メールマガジン

LaLa Cafe
LaLa Cafe
ジャンル:ヘルシーカフェ
アクセス:JR日光線鶴田駅 車13分
住所:〒321-0346 栃木県宇都宮市下荒針町3473-23(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 宇都宮×カフェ
情報掲載日:2016年12月21日

佐藤初女先生

ページ上部へ戻る